男女産み分け方法

男女の産み分け方法と聞いて、最初に思いつくものは何ですか?
病院で産み分け指導してもらう、夫婦生活を工夫するなどいくつかありますね。

 

男女産み分け方法には大きく分けて2種類が存在します。
医学の力を借りるか自力で頑張るか。
何だそんなことか、と思う人もいるでしょう。

 

ですが希望の性別を授かりたいという想いが根底にある以上、
願いがかなうよう努力しますよね。
その手助けを医学にしてもらうというわけです。

 

ただ病院に通うとなればコストも時間もとられますし、
もし結果が出なければ通院までしているのに、
というカップルも少ないながら存在します。

 

性別を問わず健康な赤ちゃんを授かれるのは奇跡に近いことです。
なのでどちらが授かってもいいわ、というくらい肩の力を抜いて挑戦したほうが
ストレスがない分ラクに取り組めますよ。

 

また自分で頑張るにしても病院に通うにしても、情報収集は不可欠です。
特に女性であれば自分の月経リズムと大きく関わってきますから、
産み分けを意識するのであればまず基礎体温から始めてみてはいかがでしょうか。

 

排卵日のデータも産み分けに大きく関わりがありますから、
ある程度自分で予測できたほうが良いですよね。
さらにホルモンバランスの異常なども見つけやすいのでオススメですよ。

 

そして病院のデータも併せて収集しましょう。
第2子、第3子以降でないと指導を受けられない場合がほとんどですが、
出来れば成功率もリサーチしておくといいですね。


 

 

成功率92.5%の男の子産み分け方法とは?

男の子を産む

700人以上が成功してきた高確率で男の子を産み分けるその秘訣とは?

男の子を産む

男の子を産む